美白のための食事

e0349552_02023409.jpg
なんと、前回更新からはや2ヶ月がたってしまいました。今年に入ってからは初めての更新なので「あけましておめでとうございます」というべきですね。

さて今年の私の豊富はずばり「美肌」です。美容は常に心がけているので今更という感じもしますが、年齢のこともありますし、今年はさらに輪をかけて美肌を心がけていきたいなと思っております。

特に最近気になりだしたのがシミとそばかすですね。

シミは角質層にあるメラニンが紫外線により活性化し、肌表面に現れてくる現象です。つまり原因は紫外線による活性酸素。巷に出回っている美白コスメでは、主にメラニンを抑制したり、メラニンを活性化させるチロシナーゼなどの機能を妨げる効果があるんですね。

私は基本的にはライスフォースをメインのコスメとし、あとはオルビスやディセンシアの美白ラインを使っていますl。

それに加えて、今年は食事による美白を行なっていきたいなと思っています。

「食事による美白?」と思うかもしれませんが、食べ物によって肌の色も随分と変わってくるのです。普段の食事の取り方によって美白体質へと変えることも可能なんだとか。

代表的な例でいえば、まずビタミンA、Cなどの抗酸化物質を多く含むものがあげられます。かぼちゃや小松菜、人参などの緑黄色野菜が王様。さらに玄米やオリーブオイルなどに含まれる良質の油に含まれるビタミンE。

美白系の化粧品で有名な成分であるアスタキサンチンやL-システインも食物から取ることができます。アスタキサンチンは鮭、エビ、いくらなどのお寿司で有名な食材から摂取できますし、L-システインは豚肉、柿に含まれています。

こうした食べ物は実は食べる順番も大切です。できるだけ消化酵素の多いもの順に食べると良いとされています。

もっとも消化酵素が多いのはパイナップル。すいか、いちご、キウイと続きます。

つまり朝は果物から食べて、メインの朝食に移ると良いというわけですね。

こうした知識をもとに今年も美肌道に邁進していきたいと思います。

e0349552_02015369.jpg


[PR]
# by riceforcecosme | 2017-01-26 02:02 | 美容・コスメ・化粧品

ストレスが原因で敏感肌になることがあるらしい

私ではないのですが、40代になってから急に肌が敏感肌になってしまったという知人がいます。「まさかね」と思っていたのですが、他にも同じ症状を訴える友達が何人かいて驚きました

敏感肌というのは生来のもので後天的になるものではないと、私は思っていたんですね。例えば私も小さい頃はアトピーに悩まされていたのですが、皮膚科に通い続けて高校生くらいの時に完治しました。それ以降、肌はむしろ強くなったかなと感じるくらいです。

調べてみると、突然敏感肌になってしまうのは意外とよくあることらしいです。特に、ここ数年で増えているらしいですね。

理由は「ストレス」だそうです。資生堂によれば

仕事やプライベートのしわ寄せで、肌のコンディションをくずしやすい(肌悩みが現れる)ことで、「私の肌は敏感」と実感する女性たちが増えています。
睡眠不足やストレス、食事など生活環境の変化に敏感に反応し、肌トラブルがくり返しおこり、なかなかいい肌が続かないと実感する「生活敏感肌」が増加傾向にあります。
増加する「生活敏感肌」を資生堂は「ライフスタイル敏感肌」と名付けます。
なんだそうです。

仕事のストレスなどで肌バリアの力が弱まると、刺激を受けやすい肌になってしまうそう。つまりストレスが原因で、敏感肌が作られてしまうそうなんです。

資生堂をはじめ、POLAなどもこの現象には注目しているらしく、そんな女性を応援するためのスキンケアとして「ディセンシア」を発売しています。

女性の社会進出が叫ばれていますが、女性には男性が考えている以上の負担がかかっているもの。例えば会社ひとつ行くにしても、メイクやヘアセットの時間はかかるし、電車通勤も男性以上にストレスがかかっています。

職場に行っても上司のセクハラ・パワハラはしょっちゅうですし、同僚の嫉妬やマウンティングにも耐えなければいけません。はあ、女性って辛いですよね。

そんなストレスだらけの女性が敏感肌になってしまうのもうなずけます。しっかりとしたスキンケアで、いつまでも女性には美しくあってほしいものです。



[PR]
# by riceforcecosme | 2016-11-15 22:14 | 美容・コスメ・化粧品

セレブに習うコスメ術

こないだまで夏だと思っていたらもう冬。しかもあと1ヶ月ちょっとで今年も終わる時期となってしまいました。

空気の乾燥も一気に進んできましたね。例年、10月頃からライスフォースなどの保湿力のあるスキンケアを使っている私ですが、今年はちょっと違うコスメも使ってみようかなと考えています。

マキアやVOCEなどの雑誌をめくってはいるんですが、なかなかこれだというのが見つからない。目尻の小じわやほうれい線、首のシワ、乾燥肌に効いて、さらに敏感肌にも優しいスキンケア。年々要望が高くなっていきますが、どれも私には必要なんですねえ。

そこで見つけたのがこのサイト、
です。

モデルや女優さんが使っているコスメをまとめたサイトです。芸能人の方ってメイクさんやスタイリストさんなど、美容のプロに囲まれているわけで、そんな彼女たちのおすすめするコスメなら安心して使えるかなと思っています。

私は平子理沙さんが好きなのですが、彼女が使っている「マナラホットクレンジング」や「するるのおめぐ実」といった商品はここで知りました。マナラホットクレンジングはほとんど美容成分でできているクレンジングなので、クレンジングなのに肌がすっごく感じよくなる所が気に入ってます。

e0349552_18542524.jpg



[PR]
# by riceforcecosme | 2016-11-12 18:54 | 美容・コスメ・化粧品

美しく見せるファンデーションのコツ

肌の色に合っているファンデーションを選んでいるのに肌が綺麗に見えない、という人はファンデの質を見直した方が良さそうです。

例えば色白の人はツヤを強調するリキッドよりもパウダータイプが向いています。また、色黒の方はパウダーでマット感を出すよりは、リキッドタイプを使って生き生きした感じを出すと良いと思います。

それぞれの肌の特性を生かした綺麗な肌メイクができるはずです。

四季によって肌色は少しずつ変化しています。せめて、夏と冬だけでもファンデーションの色を変えた方がよいと私は思います。

肌が自然に見える色なら、首と顔にはっきりと色の差ができてしまわないものを選びましょう。自然光の下で、顔の中で首の色に一番近い額にファンデーションをすっとつけて、馴染む色を見つけます。

人工光の下で、手の甲にファンデーションをつけてみるのは失敗のもと。蛍光灯では青みが、白熱灯では赤みがかかることを覚えておきましょう。

ファンデーションの色はばっちりあっていても、シワに沿ってよれていたら台無しです。ファンデーションを選ぶときは、手首の内側のシワの部分や、指と指の間に塗り、手を動かしてみて、伸びとよれのチェックを怠りなくしたいものです。

ファンデーションをスポンジや指ですくい取って直接顔につけたために厚塗りになっていませんか?

ファンデーションはまず指やブラシですくい取ったら、反対側の甲をパレット代わりにして、よくなじませて量を調節します。その後、おでこや頬に塗り、少しずつ伸ばしていきます。

途中でファンデーションを足したい場合には手の甲にのt凝ったファンデーションを使うとよいでしょう。

UV効果のある下地やファンデーションは、効果を長持ちさせるためにも崩れないようにすることが大切です。特に日焼けしやすいTゾーンや頬の下地はに度塗りが基本。一度塗ったあと、よく乾かしてから二度目を塗るとよいでしょう。

そんな私が最近オススメしたいのは、エトヴォスのミネラルファンデーションです。エトヴォスはクレンジングが肌を痛めているという発想のもと、クレンジング不要のファンデーションを開発販売しています。

エトヴォスはカバー力が弱いというミネラルファンデの弱点を解消しながら、発色の良いアイテムを出しているので、とても気に入っています。

e0349552_17572578.jpg





[PR]
# by riceforcecosme | 2016-07-14 17:57 | 美容・コスメ・化粧品

ボディートレーニング

毎日のスキンケアは欠かしませんが、年齢を重ねてきてわかったことがあります。

それは体の中からキレイにならなければ本当にキレイにはならないということ。

つまり、肌だけでなく、体内のアンチエイジングも必要だなと感じてきたことです。

そこで週2日のジム通いを始めることにしました。

私のパターンは、まずマシンによる筋トレから始めます。

プルダウンやプッシュアップ、アームカール、レッグカール、腹筋など

大きい筋肉に刺激を与えます。

有酸素運動前に筋肉に刺激を与えると成長ホルモンが出やすくなり、結果的に脂肪燃焼に

つながるんだそうです。

筋トレが終わったら有酸素運動。

クロスマシンを30分、ステッパーを30分、バイクを60分の90分間、有酸素運動を続けます。

大切なのは運動前と運動あとのサプリ補給です。

ビタミンミネラルをしっかりと、さらにアミノ酸(BCAA)を取るようにしています。

さらに酵素ドリンクも飲むようにしています。

3ヶ月ほど続けてみて、はっきりと肌にハリが出てきたように感じました。

また普段食べるものにも敏感になるため、お通じや体調も明らかによくなりました。

スキンケアも勿論大事ですが、体のケアもこの年になると大切なのだと痛感しました。


[PR]
# by riceforcecosme | 2016-05-18 17:10 | ダイエット